SONY REON POCKET 2 (RNP-2) 実使用レビュー

  • 2021年5月1日
  • 2021年5月1日
  • Gadget
  • 919View
  • 0件

こんにちは、ガジェット大好きエンジニア kuroです。先日購入したREON POCKET2をしばらく使用してみましたので、使い心地をレビューしてみます。季節的に今回はCOOLモードのレビューになります。

今日のアジェンダ

1.室内での使用感
2.屋外での使用感
3.バッテリーの体力

1.屋内での使用感

今の季節、私の生活環境では通勤時はロンTにウインドブレーカーでちょうどいいのですが、事務所に入ると暑くてうっすら汗をかくことが多いです。そこで事務所についてからREON POCKET2をネックストラップを使って装着して使用してみました。室内での効果は良好で、首元に冷やしたタオルを当てているような感覚です。モード的には1 or 2ぐらいの強度でちょうどいいぐらいの心地よさでした。

2.屋外での使用感

天気の良い日に気温26度の公園で1時間程度散歩する時に使ってみました。日陰に入るとちょうどいい暖かさですが、直射日光の当たる場所ではすぐに汗が滲んでくるような感じです。まずはモード1で試してみました。Onにした瞬間は冷たく感じて気持ちいいのですが、しばらく歩くと体温とREON POCKETの表面が同じ温度になったような感じがして、冷たく感じなくなりました。モード2でも同じような感じだったので、モード3にしてみました。モード3にするとかなり冷たくて気持ちいいまま散歩ができました。この季節ではモード4は必要なかったです。少し体温が上がってからはwaveモードを使用するとかなり快適でした。

waveモード・・・

waveモードとは1から4の間でREON POCKETが肌の温度を感知して冷えすぎないように自動調整しながら冷感を長続きさせてくれるモードです。このモードをOnにするとかなり体が冷えている感じがして気持ちよかったです。

3.バッテリーの体力

今回1時間程度の散歩に使用しましたが、モードを切り替えながら使った感じだと半分ぐらいはバッテリーがなくなっていました。感覚的には少し容量が足りないかな?という感じがしました。ゴルフのラウンドで使用するとなると昼休憩で充電しないと後半のラウンドでは使えないと思います。

おまけ

私はREON POCKETを専用のウエアではなく、ネックバンドで使用しています。理由はすごく単純で、専用のウエアに気にいるものがないからです。ネックバンドを使えば服装に関係なく使うことができますので、REON POCKETの購入を考えている人は必須のアイテムだと思います。

ただネックバンドとネックレスの相性は最悪です、、、

私は普段ずっとネックレスをしているんですが、ネックレスをつけた状態でネックバンドをつけると絡まったり、REON POCKETと肌の間にネックレスが挟まったりかなり使い勝手が悪いです。ちゃんとつければ問題ないですが、さっとつけようとすると難しいです。